主婦なび

子育て・節約・ダイエットに励むママのお役立ち情報ブログ




おでかけ

夏休みに!名古屋近郊のおすすめキャンプ場5選!

更新日:

c48706e9b627d7a7fe476182445c2087_m

せっかくの夏休みだから、どこかへ行きたい!けれど、ホテルはどこも目玉が飛び出しそうな夏休み料金。やっぱり夏休みに旅行なんて無理だわ…と思ったら、リーズナブルに楽しめるキャンプへ出かけてみませんか?

小さい子どもがいても、テントを持っていなくても、コテージがあるキャンプ場ならBBQの延長のような気軽な感覚でキャンプが楽しめます。ホテルよりもずっとリーズナブルで、子供と一緒に目いっぱい大自然で遊べるのがキャンプの良いところ。この夏、家族で思い出を作りにキャンプへ出かけてみませんか?

名古屋周辺で、キャンプ初心者や小さな子供連れでも手軽に楽しめるおすすめのキャンプ場をご紹介していきます。

Sponsored Link

1.伊勢志摩エバーグレイズ

住所:三重県志摩市磯部町穴川1365-10
料金:テント2名で3,500円~、キャビン2名9,100円~

公式HP

「キャンプはお風呂やトイレが心配」という初心者でも、ホテル感覚で気軽にキャンプデビュー出来るアメリカンアウトドアリゾートスタイルのキャンプ場です。ベッド、シャワー、お風呂、ウォシュレットトイレ、冷暖房、ベッドなど快適に過ごす設備が整ったコテージもあるので、アウトドアが苦手なママや、小さな子どもがいても安心。

カナディアンカヌー、小さな子供でも気軽に楽しめるペダルボート、滑り台や砂遊びが楽しめるプレイグラウンド、プールなど家族で楽しめるアクティビティも充実していますし、子供向けのイベントも数多く開催されています。ペットの犬も同伴OK!

2.愛知県民の森 モリトピア愛知

住所:愛知県新城市門谷字鳳来寺7-60
料金:6人用テント450円/1日+キャンプ場使用料大人一人200円、子供一人100円

公式HP

新東名開通で今注目の新城市にある宿泊&キャンプ施設です。大津谷川の清流を利用したひんやり冷たい水遊び場が人気で、夏休みは大勢の家族で賑わっています。テントを持っていなくても、1日450円で6人用のテントをレンタル出来ますし、6畳のバンガローも13棟あり一日4,000円から宿泊可能。施設の大浴場を日帰り入浴で使えるので、水遊びで汚れた身体もきれいに洗ってすっきり出来ます。愛知県内でも屈指の人気スポットなので、予約はお早めに!

3.美濃白川アウトドアリゾート クオーレふれあいの里

住所:岐阜県賀茂郡白川町和泉181-1
料金:バンガロー6人用6,000円~(別途120円の入場料等が必要)

公式HP

クオーレふれあいの里は、アウトドアエリア、さかなワクワク公園エリア、笹平高原エリアを併設した広大な敷地を有するアウトドアリゾート。キャンプ場から車で15分程走ったところにある本格天然温泉を、大人450円子供350円という手頃な価格で楽しむことが出来ます。家族で楽しめるレジャーも盛りだくさん。清流白川での川遊び、パターゴルフ、マス釣り、マスつかみ、ピザ作りなど、何をして遊ぶか悩んでしまいそう。

4.とよねランド オートキャンプ村

#キャンプ #coleman #xtrail #family #gw #とよねランド #愛知県 #nature

A photo posted by kyo (@qiao.x) on

住所:愛知県北設楽郡豊根村坂宇場1-45-1
料金:ログバンガロー1棟4名まで9500円

公式HP

とよねランドは大自然と涼風を満喫出来る憩いのアウトドアリゾート。最新式のログバンガローは屋根付きの広いデッキにテーブルと椅子が用意されているので、万が一雨が降っても濡れる心配がありません。キャンプ場周辺にはブルーベリー狩りが出来る農園がいくつかあり、夏にはブルーベリー狩りを楽しむこともできます。キャンプ場を流れる葦ノ平川は夏でも驚くほど冷たいけれど、流れは穏やかで、子供たちの遊び場にぴったり。川沿いをのんびり散策していると、カモシカやサルなどの野生の動物に出会えることもあるかも!?

5.岐阜県美濃・板取川 三ッ石オートキャンプ場

住所:岐阜県関市板取岩本

公式HP

まるで別荘のように細部までこだわって作られたコテージやバンガローが人気の三ッ石オートキャンプ場。お風呂、トイレ、キッチンなどが設備が整い、広々としたフローリングのコテージやバンガローは定員10人と大勢で泊まれるので、友達や親戚を誘って大勢でわいわい盛り上がるのがおすすめです。夏休みには子供限定で磨けば光るぴかぴかの泥団子作りベントを開催。もちろん川遊びや釣りも楽しめます。

ママ
キャンプ場のコテージやバンガローの料金は1名あたりいくらではなく、1棟あたりいくらという設定のことが多いので、少人数でいくよりも大人数で行くほうがひとりあたりの料金はお得になります。今年の夏はみんなでアウトドアを楽しみましょう!

Copyright© 主婦なび , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.