主婦なび

子育て・節約・ダイエットに励むママのお役立ち情報ブログ




生活

スグできる!リビングを広く見せるインテリア・レイアウト術!

投稿日:

子供がいるとリビングが狭くなりますよね。ベビーグッズ、おもちゃ、絵本、通園グッズ…。細かいものが色々あって、リビングがあっという間にゴチャゴチャします。

広い家に引っ越したいけど、様々な事情があるから難しい…。

そんな時は、部屋が広く見える3つのインテリア術を取り入れましょう!

ご紹介するインテリア術は、新しい家具や収納を買う必要はありません。すぐに真似できるテクニックなので、気軽にチャレンジできますよ♪

スポンサーリンク

1.リビングの家具の配置を見直す

リビングを広く見せたい時は、家具の配置を見直しましょう。

やってしまいがちですが、家具を部屋のあちこちに置くのはNGです。
視線が遮られるので、部屋が窮屈に感じます。

家具は壁際にまとめて配置することで、視界が広くなりスッキリとした印象になります。
床面積も広くなるので、使いやすさもアップしますよ。

また家具を置く順番も大切なチェックポイントです。

背の高い家具から低い家具の順番で並べると、部屋に奥行きがあるように感じます。
これは遠いものは小さく見えるという、目の錯覚を利用したテクニック。
絵画でもこの遠近法を利用して、絵に奥行きを作っています。

2.鏡をリビングに置いて広く見せる

リビングに鏡を置くと、部屋に奥行きが生まれます。

鏡は反対にある物が映りこむので、部屋に奥行きを感じさせます。
このテクニックはお店やショップでもよく使われている、目の錯覚を利用した王道のテクニック。

鏡を置く場所は、できるだけ部屋の美しい場所を選ぶのがポイントです。
生活感のあるゴチャゴチャした部分は、できるだけ映らないように気をつけましょう。

個人的におすすめしたい置き場所は、外の景色が映る場所。外の景色が映り込むことで、部屋に開放感がうまれます。

また、大きくておしゃれなフレームの鏡を選べば、アートな雰囲気を楽しむこともできますよ。

3.部屋が広く見える色でまとめる

狭い部屋はインテリアを白系の色でまとめると、部屋が広く感じます。

白は面積を広く大きく見せる「膨張色」。
この膨張色の特徴をいかして家具や壁などを白系の色に変えると、部屋が広く見える効果があります。

白は汚れが心配!という方は、

  • アイボリー
  • ベージュ
  • パステルカラー

などもおすすめです。

100均でおしゃれな壁紙シートが売っているので、そちらを使うと手軽にできます。

インテリアをすべて白系に変える必要はありません。部屋のベースになる大きな部分を、白に変えるだけでも効果があります。

カーテンは部屋の大部分を占める場所なので、カーテンの色を変えるだけでも部屋の印象は変わります。

お金をかけず広々としたリビングに!

部屋を広く見せるインテリア術は色々ありますが、お金や時間がかかるのは大変ですよね。

でも今回ご紹介したテクニックは、簡単なのに費用がそれほどかかりません。
すぐに取り入れられるので、チャレンジしやすいのも魅力なんです。

部屋が広くなれば、ママの心にゆとりがうまれます。

お金をかけず広々としたリビングを手に入れて、明日も子育てを頑張りましょう♪

Copyright© 主婦なび , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.