主婦なび

子育て・節約・ダイエットに励むママのお役立ち情報ブログ




子育て

イライラしなくても大丈夫!離乳食を食べてくれない時の対処法!

投稿日:

毎日毎日試行錯誤しながら離乳食を作っているけれど、子供が全然食べてくれない…

  • 栄養不足ではないか?
  • 離乳食の作り方がいけないのではないか?

ママは様々なことに頭を抱えてしまいますよね。

今回は、そんな離乳食を全く食べてくれない時の対処法をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

離乳食を食べない理由は様々

離乳食を食べてくれない理由は、子供によっても様々です。

1.そもそもお腹が空いていない

離乳食を食べる前におやつを食べたりおっぱいやミルクを飲んではいませんか?

間隔を空けない場合、まだ空腹状態ではなく、離乳食が進まないこともあります。

2.離乳食よりもおっぱい、ミルクが大好き!

おっぱいやミルクが大好きな子だと、離乳食の食べが悪いことがあります。
おっぱいやミルクを1回我慢させておいて、離乳食をあげてみる。

もう一つはその逆でおっぱいやミルクを少量あげてから離乳食を食べさせてあげると、食欲がわいて食べてくれることもありますよ!

3.食に興味がない

私たちの中にも食よりも遊びや睡眠を優先する人っていますよね。

それと同様で赤ちゃんにも食にあまり興味がない子もいます。

おっぱいもミルクも飲まず、離乳食も全く食べずだと体の面で心配になりますが、おっぱい、ミルクを飲んで、離乳食が少量ということであれば、そこまで神経質になることはありません。

ただし、定期的に体重チェックはしてあげてくださいね。

ママの考え方もチェンジしてみましょう

離乳食を全く食べていなくても、おっぱいやミルクを飲んでいて体重がしっかりと増えていれば大きな問題はありません!

少しでも食べてもらいたいと焦る気持ちはあると思いますが、いつかは食べてくれるときが来ます。

その時がくるまで首を長くして待ってみましょう!

これをしたら離乳食をモリモリ食べてくれた!

離乳食をスタートしたころから、全く食べてくれなかった我が子が劇的に変化した方法がありました。

今では自分の分を食べた後に、お代わりをお願いするまでにモリモリ食べてくれます!

1.とにかく好きな物ばかりを準備する

離乳食をスタートしてから常に気にしていたのが栄養面です。

  • タンパク質はしっかりと取れているか?
  • 野菜は不足していないか?

そんなことを考えながら全く食べない子供にイライラしていました。

すると、私のイライラを子供も察知しているようで、全く食べてくれなくなりました。

ただし、好きな食べ物はのぞいてです。</span>

幸い好きな食べ物は食べてくれていましたので、その日から好きな食べ物尽くしをしてみました。

喜んで食べだしたら、そこに1種類別の食べ物を増やしてみると案外パクッと食べてくれました。

今では好き嫌いなく何でも食べてくれます!

2.手づかみで自由に食べさせる

食べものを持ったり、触ったりするけれど、私が食べさせようとすると顔を背けて食べてくれませんでした。

ですから、自分の好きなように食べてもらう事にしてみたのです。

遊ぶだけの日もあります。
口に入れて吐きだすときもあります。

いつの日からか少しずつモグモグと食べてくれるようになりました。

手づかみ食べはいつからいつまで?我が子は9カ月頃から!

赤ちゃんの手づかみ食べは食べることに興味を持ちだしたという合図です。 手づかみ食べはいつからスタートして、いつまでさせるのが大切なのでしょうか? 手づかみ食べの時期や大切さなどをまとめてみました。 手 ...

続きを見る

3.自分自身も離乳食を一緒に食べてみる

子供は人の食べているものを欲しがりませんか?

ですから、私は子供と同じ離乳食を目の前で食べてみました。すると、案の定手を伸ばし、私の離乳食を取ろうとしました。

自分のお皿の離乳食は私に食べさせてくれ、私の離乳食を自分の口へと運んでいきます。

少しの間だけ、一緒に遊びながら食べてみてください!

まとめ

離乳食を食べてくれないとママも不安やイライラを感じてしまいますよね。

ただ、子供の姿を見てみてください。
元気に笑って遊んでいれば、大丈夫です!

いつかは必ず離乳食を食べてくれるときが来ますよ。
その時まで焦らず待ってあげましょうね。

Copyright© 主婦なび , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.